工事をお考えの方へ

理想の外装工事をカタチにするために

Advice from
experts

外装工事の専門家からのお客様へ
このページでは屋根や外壁工事するにあたって、施工会社を選ぶポイントや塗料の特徴などをご紹介します。お客さまで知識をつけておくと、トラブルを回避できますし、お困りごともなくなるでしょう。工事後に後悔しないためにも、ぜひこちらのページをご参照いただき、事前に情報を仕入れておくことをおすすめします。

工事を失敗しないためのワンポイントアドバイス

塗装やメンテナンスはなぜ必要なのか・・・
屋根や外壁には建物背尿の塗装が施されています。塗装には「塗膜」という膜があり、屋根材・外壁材に対する紫外線や雨風などのダメージを防げるのです。しかし、年々塗装は剥がれてきてしまいます。塗膜の効果もなくなってしまい、ダメージが直接外壁材や屋根材にぶつかることで、住まいの寿命はだんだん短くなってしまうのです。健康な住まいを守るためには、定期的な塗装やメンテナンスをする必要があります。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

本当に外装工事が必要?

まずはご自身で屋根・外壁の修理や工事が必要であるか、まずはあなた自身で確認する必要があります。業者に言われるがままではいけません。無料の診断を受けてから施工をする理由を尋ね、納得してから依頼しましょう。

業者選びのポイント

業者の質はヒアリング力で決まります。ただ高額な商品を押し売りしてくる業者ではなく外壁をしっかり診断し、要望を聞いてくれる業者に依頼しましょう。また工事保険に加入している業者であればトラブルの心配もありません。
項目を追加

リフォーム資金相談

大きな買い物だから、お得な施工を意識します

お客様のご予算に合わせて最適な施工を

リフォームは大きな買い物です。だからこそ株式会社亮成は予算内でお得に施工をすることを重視しています。リフォーム資金の相談を承るほか、設定した予算に合うように金利を抑えて施工することも可能です。ただ漫然と施工するだけではプロとはいえません。弊社は資金面からも、お客様にしっかり寄り添います。

塗料の特徴

適した塗料をセレクトします
01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

アクリル樹脂塗料

アクリル樹脂塗料の特徴はその発色の良さ。ビビッドなカラーリングで住まいの印象を明るくしてくれます。低価格なのも魅力ですが、耐久性に難がありますので長期的なプランでの塗装にはおすすめできません。
02

ウレタン塗料

防水性や耐候性、価格とおおよそ平均的なレベルなのがウレタン系の塗料。バランスの取れた性能なので、幅広い住まいにフィットするでしょう。多くの方に愛されており、住まいのちょっとした剥げにも対応できます。
03

シリコン塗料

ウレタン塗料よりも少しコストが高い分、耐候性や耐久性のレベルに富んでいるのがシリコン塗料です。防水性の評価も高く、一度塗装するだけで、かなり長持ちするでしょう。最も人気が高いタイプの塗料です。
04

フッ素塗料

4つのなかで最もハイレベルな塗料になります。耐久性や耐候性、防水性のレベルが抜群に高く、その分、コストもかかる上質な塗料です。しかし長い目で見れば最もお得と言っていいでしょう。美観のレベルが変わりますよ。
項目を追加

亮成がオススメする塗料

耐候性に魅力がある無機塗料をおすすめ

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

無機物を主成分とした無機塗料

新潟県長岡市の亮成が特におすすめしたいのが「無機塗料」です。その名の通り、セラミックやケイ素などの無機物を主成分としています。他の有機塗料と比較しても耐候性が高く、その分寿命が長い、上質な塗料です。紫外線に強く、長時間さらされても劣化しにくいのが特性。15年以上の耐候性があるので、塗り替えの回数をこの性質を塗料に取り入れたことで15年以上の耐候性を実現しました。有機塗料に比べコストはかかりますが、 シンナーの臭いがほとんどないので、施工中も、近隣の方へ迷惑を掛けません。
項目を追加

無機塗料のメリット

安全に長く使うための塗料

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

不燃性

有機塗料と比べて燃えにくいのは、炭素を含んでいないから。万が一、火事を出してしまった場合も隣家に燃え移る危険性が低くなります。安全に使えるのも魅力の1つでしょう。

耐久性

有機成分を含まないことで、紫外線や雨風の影響を受けないというメリットもあります。もともと紫外線から住まいを守るために作られたという背景もあり、外壁を長期間にわたって健康に保てます。

カビなどが発生しづらい

カビや苔は有機物と反応して動きが活発になります。なので無機物塗料はカビや苔が発生しにくくなるのです。美観はおろか機能性まで高いレベルを保てますので、長く安全に暮らせる住まいを作れます。
項目を追加

省エネ対策には遮熱塗料

光熱費を下げながら猛暑を乗り切る

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

遮熱塗料で夏の暑さを軽減

遮熱塗料を塗布すると、外から射し込んでくる日差しを跳ね返せます。そのため、熱が室内に入らないのがメリット。夏場も涼しい室内で長時間くつろげますし、エアコンを点けっぱなしにしなく済むので光熱費がカットされます。室内温度が3~4°、屋根の表面温度は10°近くも下げられます。省エネ塗料なので、リフォームの際に市町村から助成金が出る可能性もあります。まずはお気軽にご相談ください。
項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

光熱費の節約

近年、世界中でエネルギー不足が叫ばれているなか、省エネ塗料は熱い視線を注がれています。エアコンをつけっぱなしにしなくても涼しい空間を長時間キープできるので、お財布にも優しい塗料なのです。

15~20年の耐用年数

普及品に比べて寿命が長いのも遮熱塗料の特徴。15~20年ほどもつので買い換えの回数も減ります。光熱費も含めてランニングコストがかからないので、家計に取って大きな味方になるでしょう。

遮熱効果

もちろんイチバンの特徴は遮熱効果があることです。熱を跳ね返してくれるので猛暑の際は大きな効果を発揮します。室内温度にして、塗料を替えるだけで2~3℃も下がりますので、心地良い空間をつくれるでしょう。
項目を追加

窯業系サイディング外壁を使用している方へ

シーリングのすき間には要注意

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

シーリングの状態を確認

シーリングとは壁と壁とをつなぐ白いゴム製のクッション材です。サイディングボードの隙間を埋めるために必要な設備ですが、収縮してしまうというデメリットがあります。シーリングに隙間が空いてしまうと、亀裂から雨水が浸入し大切な住まいが、どんどん劣化してしまうことに……。窯業系サイディングボードを使われているお客様はすぐシーリングの状況をご確認ください。

寒暖差が激しい新潟県

シーリングの劣化は寒暖差の激しい地域ほど早いと言われています。新潟県の夏は暑く、冬は寒い地域の1つ。外壁だけではなくシーリングにもしっかり注目する必要があります。シーリングの劣化に合わせてサイディングボードも劣化していくのでセットで考えましょう。
項目を追加

目で分かる外壁工事のタイミング

緊急性があるケースも

10年に一度専門業者へ ご相談ください

外壁塗装のメーカー保証はおおよそ10年で切れてしまいます。10年が経過したら専門業者へ外壁診断を依頼しましょう。まだ大きな問題は起きませんが、発生する可能性が高い問題を判別できるので、早めに手を打てます。

屋根工事のポイント

金属屋根を特におすすめ

金属屋根に葺き替える事で安心した暮らしが・・・

自然災害に強い屋根へ
屋根材には種類ごとにメリットがあります。瓦屋根には断熱性や遮音性などが期待できますが、重量は100平方メートル(30坪)あたり約6トンとかなり重く、地震の際には、大きな被害が生まれることもあります。その点、金属屋根であれば、100平方メートル(30坪)あたり約600キロと軽いのが特徴。最近の金属屋根にも遮熱・消音・防錆といった機能性があり、亮成では進歩した金属屋根を勧めています。

金属屋根のメリット・デメリット

新世代の金属屋根はこれまでのデメリットを解消

メリット

軽量なので大きな地震が発生した場合でも大きな被害につながる危険性が低いのがメリット。また比較的安価で耐火性もあり、火事を出しても二次災害につながりにくいのです。

デメリット

瓦などに比べると遮音性に劣り、熱伝導率が高く断熱性が低いのがデメリットでしょう。しかし最近ではこれらのデメリットを解消した機能性のある金属屋根も開発されてきました。